芳仁皮膚科医院 > 施術別メニュー > co2(炭酸ガス)レーザー


早い!痛みが少ない!傷跡が目立たない!

炭酸ガスレーザーは、ほくろや、いぼ等盛り上がりのあるしみに有効です。炭酸ガスレーザーの蒸散作用は皮膚の表面に限られ、深いところまで至らないので金属メスでの治療に比べ、傷跡を小さく出血も少なく治療することが可能、創傷治癒(レーザー治療によって出来た傷跡の治り)が早いのが特徴です。治療回数が少なく済み、何度も通院されるのが難しい方にお勧めの治療法です。治療の際は、深さや大きさにより局所麻酔を行いますので、痛みや出血もほとんどありません。







治療効果


ほくろ、いぼの除去   にきび・にきび跡   しみ   あざ   傷跡

脂漏性角化症


治療の流れ


(1)照射部位のメイクを落して頂きます。
 ↓
(2)麻酔(注射もしくわ塗る麻酔)を施します。
 ↓
(3)炭酸ガスレーザーを照射します。
  (麻酔の効果で、ほとんど刺激はありません)
 ↓
(4)外用剤を塗布し、特殊な絆創膏を貼って終了です。
 ↓
(5)治療当日から、ご自宅でも照射部位に抗生剤を塗布→絆創膏を貼って頂きす。
 ↓
(6)1週間後、経過が順調であるか診察致します。



注意事項


※照射後の絆創膏を外すタイミング等は、ドクターの指示にお従い頂き、絆創膏を早い時期に外したり、照射部位をこすったりすると、二次性の色素沈着を起しますので、十分ご注意下さい。












copyright(c)2011 HOUJIN all rights reserved.