芳仁皮膚科医院 > 症状別メニュー > ほくろ


ほくろは、母斑細胞母斑、色素性母斑、単純黒子などの良性の腫瘍のことを指します。
しかし、これらの中に極めて稀ですが、悪性黒色腫というほくろの癌になってしまうものがあります。
特に手足のほくろは要注意です。気になるほくろがある場合は自己判断せず、必ず皮膚科医の診察を受けることが重要です。


悪性を疑わせるほくろの特徴

下記の条件で、1つでも該当する場合は診察を受けることをお奨めいたします。

1.手足にある ・・・本邦では特に足底が多い
2.非対称である・・・見た目に変な形
3.境界不明瞭 ・・・ボヤーッとしたはっきりしない輪郭
4.色調が不均一・・・まだら、染み出したように見える
5.大きさが6mm以上ある
6.急速に大きくなったり、色が濃くなったりする
7.かゆみ、痛み、出血を伴う







レーザー治療 (保険適用と適用外とございます)
CO2レーザー
Qスイッチルビーレーザー



保険適用内の治療です
切除法



治療行程


※事前に血液検査をお受け頂き、後日ご予約で手術を承っています。

(1) 局所麻酔をします。

(2) ほくろより1mm程度拡大して舟形に切除し、縫合します。

(3) 1週間~2週間後に抜糸を行います。




保険適用内の治療です
くり抜き法



顔など切除では傷跡が目立ちやすい部位を、代替的に行う手術です。
利点は傷跡が目立たないことですが、傷跡が直るのまでに2~3週間は必要です。

治療行程


※事前に血液検査をお受け頂き、後日ご予約で手術を承っています。

(1) 局所麻酔をします。

(2)くりぬき用のメスでほくろを取り除いて終わります。




22歳女性
治療内容:Co2レーザー

ほくろ除去前

治療直後

8ヵ月後












copyright(c)2011 HOUJIN all rights reserved.