芳仁皮膚科医院 > 施術別メニュー > ヒアルロン酸
ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸を皮下に注入すると、皮膚が持ち上がります。それを利用し
て、顔のしわや凹みを消し、パーツの形を整えるプチ整形やリフト術を行
います。手術しなくても、注射だけで鼻を高くしたり、あごや唇の形を整え
ることが出来ます。

注入後も傷跡が目立つことは無く、通常の生活を送ることが出来るので
手術に抵抗がある方も、手軽に変身できます。

ヒアルロン酸は少しずつ注入することが出来る為、効果を確認しながら注
入する事も可能です。
又、時間が経つと体内に吸収されて元に戻るという安心感もあり、万が一
仕上がりが気に入らなかった場合でも安心
です。
更には、薬でヒアルロン酸を溶かし、元に戻す事も出来ます。


化粧品に配合されるヒアルロン酸は、ニワトリのトサカなどから作られますが、注入用ヒアルロン酸はバイオ技術で生成された非動物由来製剤ですので、感染の心配が無く、アレルギーが起こる可能性が非常に低い為、アレルギーテストの必要がありません。

ヒアルロン酸はもともと体内に存在していて、肌のハリを保ち、関節で潤滑油の働きをしています。非常に保水力に優れていて、1gのヒアルロン酸は6Lもの水分を保持することが出来ます。お肌のヒアルロン酸が水分をしっかりキープしてくれるお陰で、ハリのあるみずみずしい肌を保つことが出来るのです。

その反面、非常に代謝が早く、2週間で代謝されると言われます。20代をピークに減少し続け、生成力が低下、総量が見る見る減少します。すると、肌のハリは失われ、しわやたるみが出現するのです。 注入用のヒアルロン酸は、効果が長く持つように分子間に架橋が作られるなどの工夫が施されています。効果は個人差・ヒアルロン酸の種類・入れ方によって差が生じますが、約1年間持続します。

このヒアルロン酸注入の効果は、施術する医師の技術が大変重要になります。経験不足だと、不自然な仕上がりになったり、しわ取り効果が薄れる可能性があります。 当院院長は豊富な治療経験があり、一人ひとりの顔の作りを見極めながら、注入量・注入箇所を判断し、自然な表情に仕上げていきます。

そして、効果が期限付きなのはメリットでもあり、デメリットでもあります。効果がずっと続かないと困る方には、手術をお勧めします。



治療効果


目尻の小じわ・浅いしわ   目の下のたるみじわ   眉間・額の浅いしわ

口周りの小じわ   法令線   マリオネットライン  首周りの浅いしわ


治療の流れ


(1)患部のメイクを落します。
 ↓
(2)麻酔(塗る麻酔)を施し、30分程麻酔の効果が現れるまで、個室でリラックスして頂きながら
  お待ち頂きます。
 ↓
(3)ドクターが念入りに打つ場所を決め、マーキングします。
 ↓
(4)ヒアルロン酸を注射します。
 ↓
(5)外用剤を塗布して終了です。
 ↓
(6)1~2週間後、経過を診察します。



注意事項


※注入後、内出血や腫れが残る場合があります。内出血は通常1~2週間で自然に吸収されます。



ヒアルロン酸画像

ヒアルロン酸画像







copyright(c)2011 HOUJIN all rights reserved.