芳仁皮膚科医院 > 施術別メニュー > マッサージピール







TCA(トリクロロ酢酸)が真皮深層に作用して、肌のハリと質感を高める美肌治療です。
マッサージピールは、TCA(トリクロロ酢酸)を主成分とするPRX-T33という薬剤を皮膚の表面に塗り、マッサージして皮膚深部に浸透させます。
TCAは真皮に浸透するディープピーリング剤として海外では有名でしたが、作用が強い反面、ダウンタイムやリスクが大きく、日本のクリニックではほとんど使用されませんでした。
新開発されたPRX-T33は、33%の高濃度TCAに低濃度過酸化水素を配合することで、皮膚表面に強い剥離作用を起こすことなく真皮深層に浸透し、繊維芽細胞を刺激してコラーゲンの生成を強力に促進します。
治療直後から肌のハリを実感でき、別名「コラーゲンピール」とも呼ばれます。
欧州CEマークを取得したイタリアWiQo med社の製品を使用します。
2~4週間おきに5回程度の繰り返しの治療をお勧めしています


組成


過酸化水素、 33%トリクロロ酢酸(TCA)、 コウジ酸、安定剤


治療効果


・肌をひきしめたい・ハリがほしい
・小じわ・毛穴の開きなど肌の衰えが気なる
・ニキビ跡に悩んでいる
・化粧のノリが悪い
・痛い治療が苦手
・顔全体を一度に治療したい


施術の流れ


洗顔(セルフ)

(1) 施術 (肌に薬剤を塗ります。皮膚深部に浸透させるため優しくマッサージします。薬剤が皮膚に浸透するに従い、ピリピリ感や熱さを感じることがあります。)

(2) 拭き取り、洗顔

(3) 専用の保湿クリームの塗布

(4) 自宅でのアフターケア(専用の保湿栄養クリーム、ピーリング化粧水を使用していただくことで効果を高めることが出来ます。)


注意事項


※術後は十分に保湿をし、日焼けは避けて下さい。
※トレチノインや過酸化ベンゾイルを使用している方、イソトレチノイン内服中の方はご相談下さい。




(上記症例写真Dr.Castellanaより提供)


禁忌


• 炎症のある皮膚 • 敏感肌 • 脂漏性皮膚炎 • コウジ酸に対するアレルギー
• ラテックス手袋を使用する場合、ラテックスアレルギー • 妊婦及び授乳婦 • 皮疹又はヘルペス発疹痛み


よくある質問


Q:他のケミカルピーリングとの違いは何ですか?
A:マッサージピールは、お肌の奥から生まれる高いハリ感に特徴があります。体験していただければ、違いが実感できるかと思います。


Q:シミやくすみにも効果がありますか?
A:美白成分のコウジ酸が配合されているため、ある程度の効果は期待できます。


Q:1回の治療で効果を得られますか?
A:初めての方は、2週間おきに5回の治療お勧めしています。1回でも効果はありますが、お肌の状態に合わせてメンテナンス的に繰り返し受けることをお勧めします。


Q:顔全体を治療できますか?
A:ほぼ顔全体を治療できますが、上瞼や目に近い部分は治療できません。


Q:治療は痛いですか?
A:治療は、マッサージで薬剤を皮膚に浸透させます。痛みはほとんどないですが、肌の奥の方に熱やピリピリ感などの刺激を感じることがあります。


Q:治療後のダウンタイムはありますか?
A:治療後、赤みが少し出ることがありますが、多くの場合、数分~数時間後には引いてしまいます。従来のピーリングのように皮が剥けることは稀です。口周りなどの皮がごく薄く剥けることがありますが、ほとんど目立ちません。


Q:薬剤が肌に合わないことはありますか?
A:可能性はゼロではありません。配合成分への過敏症、重度の敏感肌、お肌の健康状態によっては治療中や治療後に強い灼熱感や赤みが出る場合もあります。






copyright(c)2011 HOUJIN all rights reserved.